前へ
次へ

行政書士の就職について

行政書士として働こうと考えている人がいます。その差異にはまず第一に資格の取得を目指さなければいけません。非常に難易度の高い資格となっていますが、取得することで自分の将来の就職や転職に役に立ちます。主に官公署に提出する書類の作成を行うというのが主な仕事となっており、その書類の種類も非常に多くなっています。したがって活躍の場が多くなっています。たとえば不動産関連の企業に就職をすることができます。この場合どのような業務を行うのかというと、公共事業の入札の書類作成などを行います。また一般企業で働くこともできます。この場合には総務や法務に所属すると言うことになります。ここでは官公署に提出する書類の作成や申請、この他に契約書などの書類の作成を行います。

top用置換

top用置換2
Page Top